揚げ物や脂っぽいものはやっぱりNG?



保湿ケアの正解&不正解~思いこみ&勘違いケアを要チェック!



保湿ケアの正解&不正解 » 揚げ物や脂っぽいものはやっぱりNG?

皮脂の分泌が多いオイリー肌というのはやっぱり食べ物の影響も大きいんでしょうか?揚げ物や脂っぽいものは控えたほうがいいですか?

油物の影響もありますが、それ以上に糖質に注意!

皮脂が多い人やニキビができやすい人は油物は控えるようにいわれますよね。

確かにそうしたものは皮脂腺を刺激するので控えたほうがいいのは確かなんですが、実はそうした脂質よりもオイリー肌の人が気をつけないといけないものがあります。 それが糖質でようするに炭水化物の摂り過ぎは皮脂を増やすってことです。

実は皮脂の4割近くが炭水化物が変化した中性脂肪です。

中性脂肪というと身体の内側にこびりついて生活習慣病を引き起こすイメージのあるものですが、皮膚を通じて外に排出させようとするので皮脂に混じってどんどん毛穴からでてくるんですね。

そのため糖質過剰な食生活を送っていると中性脂肪が体内に蓄積されるのはもちろんのこと、皮脂としてどんどん体外にでてきますから皮脂を増やす原因にもなります。 そのため肌が脂っぽくなるからと脂質を控えていたとしても糖質を代わりにたくさん食べているとやっぱり皮脂が増えてしまうんです。

大人になってからのニキビや吹き出物はこの糖質過剰というケースがけっこうあります。

今日の日本人の食生活はビタミンやミネラル、タンパク質は不足している状態でも糖質や脂質は取り過ぎていて、それゆえカロリー過多などといわれているぐらいです。 皮脂量をコントロールするビタミンやミネラルが不足していて、皮脂の材料となる糖質と脂質が過剰ということになっていれば、それはオイリー肌になっても仕方ないといえるでしょうね。

過剰な皮脂分泌を減らすにはどうしたらいい?

皮脂の分泌というのは男性ホルモンの影響によるところが大きいです。

そのため男性は女性よりも脂ぎっているわけですが、女性に比べて皮脂膜がしっかりしているおかげで乾燥には強くなります。 肌が乾燥して大騒ぎしているのはたいてい女性で、男性は微動だにしないどころか肌が乾燥する感覚がわからないという人がいるのもそういう理由があるからです。

女性の場合、40代ともなると皮脂の分泌がどんどん減ってくるので逆に皮脂が欲しいぐらいになる思いますが、 35歳までは過剰な皮脂による肌トラブルも無視できないのでオイリー肌の人は皮脂を意識しないといけません。

皮脂腺の大きさというのは先ほどもいったとおり男性ホルモンの影響によるものであってスキンケアでどうにかするというのは難しいです。 毛穴が何をしても小さくならないことからもそれは明らか。

そのため皮脂の分泌を減らすためにやれることというのは、

要チェック 糖質や脂質の摂取量に気をつける
要チェック ビタミン&ミネラル類を積極的に摂取する
要チェック 乾燥に気をつける

ということだけ。普段食べている食事の内容の見直しと保湿ケアで肌を乾燥させないことで肌の自衛反応としての皮脂分泌を抑制するということが必要になってきます。

脂っぽいものや刺激物が皮脂の分泌を促すという話はご存じだと思うので省略します。積極的に摂取したい栄養素としては糖質や脂質を代謝してくれる ビタミンB群を中心に皮膚の再生を助けるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがあります。