ビタミンCは乾燥するから避けるべき?



保湿ケアの正解&不正解~思いこみ&勘違いケアを要チェック!



保湿ケアの正解&不正解 » ビタミンCは乾燥するから避けるべき?

ビタミンC配合の化粧品は乾燥しやすいということを聞きました。保湿を重視する場合は避けたほうがいいんでしょうか?

肌質に関係なく、ビタミンCコスメはどんどん使うべき!

さまざまな美容成分がありますが、なかでもビタミンCの万能ぶりは有名です。

メラニン生成を抑制したり、抗酸化作用で活性酸素を除去したり、毛穴を引き締めたり、皮脂の分泌を抑制したり。オイリー肌はもちろん、美肌を保ちたい人にとっては必須の有効成分といえます。

そんなビタミンCですが、唯一の弱点といえるのが保湿力がいまいちなこと。

濃度が高くなるほど、ビタミンCのその美肌効果はより発揮されるといわれていますが、欠点である保湿力のなさも目立ってしまうようで、 ビタミンC誘導体入りの化粧水やビタミンC美容液を使った後は乾燥してしまうという印象を持っている人も多いと思います。

となると、保湿ケアにはビタミンC配合コスメは不必要なの?と考えてしまいがちですが、そんな単純なものではありません。 セラミドのように直接、肌の水分保持力を上げるというような効果はありませんが、肌体力の底上げや肌のさまざまな機能を活性化してくれるので、 その結果として肌の保湿力アップにつながるということが期待できるんですね。

また、最近は技術の進歩でビタミンC配合コスメのなかにも保湿性を兼ね備えたものが増えています。

それより何より肌が老化するから水分保持力も低下するわけなので強力な抗酸化作用で皮脂の酸化や肌内部の活性酸素の発生を抑えて 根本的な肌老化にアプローチできるビタミンCは必要不可欠な有効成分といえます。

そんな理由もあるので、オイリー肌の方はもちろん乾燥肌の人であってもビタミンC配合コスメは普段のスキンケアに積極的に取り入れてほしいとおもいます。

皮脂分泌をコントロールするビタミンC配合コスメの選び方

ビタミンC配合コスメには2種類、誘導体が配合されているものとビタミンCそのものが配合されているものがあります。何となくのイメージですが、 化粧水には誘導体が、美容液にはピュアビタミンC配合のものが多い気がします。

ビタミンC誘導体とピュアビタミンCのどちらが効果があるのかというと、2つは同じ成分なので効果は一緒です。だからあまり気にしないほうがいいです。 気にすべき点はビタミンC誘導体であればAPPSかどうかという点、それから濃度でしょう。

ビタミンC誘導体といってもいくつか種類があって水溶性のものがあったり油溶性のものなどがあるわけですが、APPSは水にも油にもなじみ、 従来のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力があるのでビタミンCの効果を最も期待できるものなんですね。

また、濃度というのは当然ですが、高ければ高いほど効果が期待できます。もちろんその分刺激もあるので気をつけないといけませんが、 ビタミンCのその効果をより期待したいのなら高濃度のビタミンC美容液を使ったほうがいいと思います。

要チェック シミ・くすみに対する美白効果
要チェック シワ・たるみにはコラーゲンを増やす効果
要チェック 毛穴の開きやたるみには毛穴の引き締めや皮脂分泌を抑制する効果
要チェック ニキビ・ニキビ跡には炎症を抑える効果と色素沈着を還元する効果

といったマルチな効果が期待できるのがビタミンCです。

上記の肌トラブルやオイリー肌の人にはビタミンC配合コスメは毎日使ってほしいところですが、そうでない人も普段使うものとは別にその日の肌の調子や感覚によっては すぐ使えるようにビタミンC誘導体入りの化粧水であったり、高濃度ビタミンC美容液を持っておくのがいいんじゃないかと思います。