乳液、クリームは使わなくてもいい?



保湿ケアの正解&不正解~思いこみ&勘違いケアを要チェック!



保湿ケアの正解&不正解 » 乳液、クリームは使わなくてもいい?

余計に毛穴が詰まりそうだし、ベタつくしで乳液やクリームを使いたくないんですけど、保湿したければやっぱり使ったほうがいいの?

水分量の多い軽めのクリームを使うのがベスト!

ただでさえベタつくオイリー肌や夏の肌には乳液やクリームは重いですよね。

ただ、根っからのオイリー肌もそうですが、過剰な皮脂分泌の原因が実は肌の内部が乾燥したインナードライということもあるので 乾燥を防ぐためにもしっかり保湿することがとっても大切です。

そのためには乳液やクリームを使って肌を外側からラップするということがうるおいを逃がさないためにも必要になってきます。 夏用と冬用のクリームを用意しているブランドもありますし、さっぱりと軽い水分量の多いクリームを使えば何とかなると思います。

オイリー肌というのは、意外にもインナードライというケースが多いです。

肌表面はオイリーだけれども肌内部はカラカラに乾燥しているというのがインナードライですが、夏場の冷房、冬場の暖房といったように 空気が乾燥している環境で長時間過ごしている今の人たちはどうしても肌が乾燥しやすい状態です。

そのまま普通に乾燥肌として症状がでてくればいいんですが、そこは肌にも個性があって乾燥を何とかしようと必要以上に皮脂を分泌してしまう場合もあるんです。 こういう自分の肌タイプを見極めることなく、単純に脂が多いからオイリー肌だと決めつけて皮脂対策ばかりすると余計に肌が乾燥して、 さらに皮脂分泌が促されるというスバイラルに陥ってしまうわけなんですね。

自分がオイリー肌なのか、それともインナードライ肌なのかを見極める方法というのはすごく簡単です。 洗顔後、15~20分そのまま何もせずに放置してください。15~20分経って、脂が浮いてきたらオイリー肌で乾燥したままであればインナードライ肌です。

インナードライであれば乾燥肌と同じケアが必要ですから乳液やクリームは必須になります。

オイルフリーのコスメのほうがいいの?

オルビスなどはオイルフリーを全面に押し出して商品をPRしていますが、他のブランドはそこまでオイルフリーにはこだわっていません。 そこからわかることはオイルは決して肌に悪さをするものじゃないということです。

実際に最近はホホバオイルやアルガンオイルなどが美容オイルという扱いで人気がありますし、保湿=オイルの良さが見直されている感じですから オルビスのオイルフリーはあんまりユーザーに響いていないような気がします。

女性の場合は40代ともなると皮脂もなくなってきますからオイルを含んだ化粧品のほうがしっとりしていい感じに仕上がります。 若い人の場合は、化粧品のオイルが毛穴詰まりやニキビの原因になりそうですが、そんな粗悪なオイルを使っている化粧品ブランドは基本的にないので、 やっぱり化粧品に含まれているオイルは気にする必要はないのかな?と思います。

ただ、油分が多いとそれだけ肌にのせたときに重いということはあります。それをベタつきという人もいれば、こってり包まれている感じという人もいてこればかりは使用感の好みになってきますよね。

軽いつけ心地が好きだという場合はやっぱりオイルフリーや油分が少なく水分量が多い乳液やクリームを選んだほうがいいでしょう。ちなみに乳液とクリームの違いですが、これは油分の違いです。

最近は、美容液以上に美白やシワ・たるみなどに効果のある有効成分を高濃度配合していることや保湿力を高めることができるという理由でしっとり感のあるクリームが人気みたいです。

目元や口元など乾燥しやすくシワができやすい部分にクリームを塗っておくと肌をやわらなく滑らかにする効果もあるので 保湿だけでなくシワ予防にもなるということは覚えておくといいかもしれません。