ファンデーションが肌を保護する?



保湿ケアの正解&不正解~思いこみ&勘違いケアを要チェック!



保湿ケアの正解&不正解 » ファンデーションが肌を保護する?

肌に負担がかかるので、できるだけノーファンデがいようと思ったら、逆に使ったほうが肌を守る保護膜になるとか。これってどういう意味なんでしょうか?

ファンデーションを塗ることで肌を保護する側面も。

メイクをしたほうがすっぴんでいるより肌にいい。そんな意見もあります。

肌のことを考えるとすっぴんが一番だと思って休日は一切メイクしない人もいると思います。実際、メイクや止めて、ファンデをやめたら ニキビや肌荒れに悩まされなくなったという人も多いので「すっぴん=正義」と考える人は多いと思います。

しかし、化粧品売り場の美容部員の方や有名な美容研究家のなかにはファンデーションを塗ることでお肌を保護することができるとよく言っています。 「肌に悪いと思っているものが肌を保護するってどういうことって?」って感じですよね。

これの意味するところは、ファンデーションを塗ることで顔に化粧膜ができると、それが紫外線や黄砂、花粉、ホコリといった外敵から肌を守るための保護膜として働いてくれるため、 肌にとってはすっぴんでいるよりもいいということです。

外出時はもちろん、家のなかにいてもUVAはガラスを通過して入ってくるのでファンデで肌を保護して紫外線やホコリからお肌を守るほうが肌のためにはいいということなんですね。

となると、困るのが敏感肌の人です。

というのもファンデーションを塗るのも刺激になるし、かといってすっぴんでいるのも肌を外部刺激にさらすのでよくないといわれれば、もうどうしていいかわからなくなるからです。

こういう場合の解決策ですが、敏感肌用の疑似角層を作れるスキンケア化粧品を使うといいです。

敏感な肌に疑似角層を作るには?

肌にまったく負担なく保護膜を作る方法としてはワセリンが有名です。

乾燥肌や敏感肌、それからアトピー性皮膚炎の治療にも使われるぐらいですからその安全性は折り紙つき。唯一ベタついてしまって伸びが悪いという欠点もありますが、 ワセリンの精製度をより高めたサンホワイトP-1を使えば唯一のデメリットも解決します。

※ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイトP-1の順番で精製度がアップ!

紫外線以外の外部刺激から肌を守る保護膜を作るということであれば「サンホワイトP-1」を使えば問題ないと思います。 ワセリン系以外のもので敏感な肌に疑似角層を作って保護する方法はないかというと敏感肌ブランドのディセンシアのクリームを使うのも効果的です。

ディセンシアは今、敏感肌ブランドとして物凄い人気ですが、その人気を支えているのが疑似角層をつくる特許技術であり、 ディセンシアの発表データではワセリンよりも効果が高かったと思います。

私もディセンシアのクリームは使ったことがありますが、肌に膜が張られる感じはサンホワイトP-1などワセリン系とすごく似た感触でしたが、 伸びがいい分すごく使いやすかったです。このあたりは化粧品の良さなのかな?と思いました。

なお、ディセンシアからは敏感肌用のBBクリームもでていて、そちらは「疑似角層をつくる特許技術」に加えて「UV機能」も付いているので 外出時の肌の保護という面でも文句なしだと思います。興味が湧いた方はぜひ「疑似角層をつくる特許技術」+「UV機能」のBBクリームをチェックしてみてください。