日焼け止めと保湿の関係



保湿ケアの正解&不正解~思いこみ&勘違いケアを要チェック!



保湿ケアの正解&不正解 » 日焼け止めと保湿の関係

日焼け止めをすると肌がヒリヒリするし、かゆくなるのでしたくないんですが、やっぱりしたほうがいいものなんですか?

紫外線がバリア機能を低下させる原因でもあるので必要悪です。

紫外線対策のための日焼け止めもやっぱり肌には負担です。

しかし、紫外線というのはシミやシワ・たるみの原因になるだけでなくバリア機能を低下させる原因でもあるので乾燥肌や敏感肌にとっても大敵です。 それを考えると日焼け止めは必要悪といえます。

なんとか肌への負担を減らすのであればいくつか方法があります。

要チェック 低SPFで紫外線吸収剤不使用&ノンケミカルのものを使う
要チェック ワセリンを塗り、その上から日焼け止めを塗る
要チェック ファンデーションやBBクリームを日焼け止め代わりに使う

できるだけ低刺激の日焼け止めを使おうとすると低SPFのものを選んだほうが安心です。高SPFほど紫外線吸収剤を使っているので肌への負担が大きくなります。 肌のバリア機能を守り、乾燥肌や敏感肌をケアしたい人にとっては高SPFというのはできるだけ避けたいもの。

なので低SPFで紫外線吸収剤不使用&ノンケミカルのものを選ぶようにしてください。

ワセリンを塗ったり、ファンデーションやBBクリームを日焼け止め代わりに使うというのは肌への刺激を考えて吸収剤を直接肌に接触させないための処置です。 ただ、この方法は汗などで流れやすいためこまめに塗り直す必要があります。

ちなみに敏感肌の人に人気なのが、ワセリンベースのVUVプロテクト(販売元:エメローゼン) という日焼け止めです。 「「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法」(宇津木龍一・著)で紹介されている知る人ぞ知る日焼け止めで紫外線吸収剤はもちろん合成界面活性剤も使われていません。

日焼け止め+ファンデーションなど『合わせ技』でUVカット

日焼け止めは、SPF10のものとSPF20のものを足してもSPF30になることはありません。

そのためSPF20の日焼け止めとSPF25のファンデーションを一緒に使っても足し算になって効果倍増ということはないんですが、 両方にSPFとPAがあれば両方でUVカットができるので隙がなくなるということはいえます。

例えば液体の日焼け止めは肌に均一に塗布できるというメリットあり、パウダーファンデーションの場合は同じSPFとPAであれば液体の日焼け止めよりもパウダーファンデーションのほうがUVカット効果が高いという特徴があります。

さらに肌が弱い人などは先ほど少し触れましたが、直接肌に日焼け止めを塗るよりファンデーションでUVカットしたほうがUVカット剤が肌に触れないので刺激を抑えることができます。

そのため日焼け止めとファンデーションは両方重ねづけしたほうがより効果的な日焼け止めができるといえるわけです。

さらに万全を期すのなら帽子や日傘も忘れずに使いたいところ。特に髪は顔の2~3倍の紫外線を受けるといわれているので髪を老けさせないためには帽子は必須です。 特に髪を染めている人は髪のメラニンを抜いている状態ですから余計に紫外線の影響を受けやすくなっています。

顔の皮膚と1枚でつながっている頭皮のUVケアは疎かにしがちなので気をつけてください。

紫外線対策は日焼け止めだけと単品使いで満足するのではなく、プラスアルファでファンデーションや帽子や日傘、UVカットシャツなど合わせ技で対策するということが大切です。